エコ加湿器

0
     
    エコ加湿器を頂きました。
    積水樹脂株式会社様の新製品発表会の記念品です。




    電気を使わないECO加湿器。
    今の時代にぴったりです。

    私の事務所は、凄く乾燥するので早速試してみました。
    キットに入っている部品をそれぞれ組み立ててこんな風に仕上がりました。




    これ一個でコップ一杯の自然蒸発量の約40倍。
    このピンクのお花は、抗菌防カビ加工してあるので安心です。

    事務所の机の上に置いても邪魔にならない程度の大きさ。
    この水の中にアロマエキスを流し込むと部屋がほんのりアロマの香りがして
    疲れ感も軽減できます。

    今日は、事務所で一人。
    のんびりとこの空気を楽しんで新企画でも考えよう。

    Kさん、有難うございました。



    人間塾勉強会のお誘いです

    0
      6月の人間塾 勉強会


      日 時 6月2日(土) 15:00〜17:00
      場 所 JR大津駅前アルプラザ5階 B会議室
      講師 中村正久氏 滋賀大学環境総合研究センター特任教授
      財団法人 国際湖沼環境委員会 科学委員長
      テーマ「地球環境に学ぶ」 仮題
      参加費 2000円

      私たちが知らない今後の地球環境について貴重なお話を伺えると思います。
      中村正久先生は、世界中を飛び回る、大変温和で素敵な方です。
      専門的な事を楽しく学べると思います。

      勉強会は勿論ですがその後の懇親会ではまた、それぞれの繋がりが深まり大きな収穫になります。
      是非、是非いらしてくださいね。少人数で上質な学びの時間になりますよ。
      皆さんのお越しをお待ちしております\(^o^)/

      地球温暖化防止

      0
        映画、デイ アフター トゥモロー を見ました。
        地球温暖化で自然の怒りが猛威をふるう。
        映画だからかなりオーバーな表現をしていますが
        今、現実にその兆候が出てきています。

        世界中で大雨、竜巻、この異常気象。
        人類の危機を警鐘しています。
        今まで、大量生産、大量廃棄、便利、快適と
        やりたい放題してきたスタイルを
        変えなければ未来は無いと私たちに気づかせようと
        しているのだと思います。

        地球温暖化は、まさに人間が引き起こしたもの。
        自然の摂理に反したライフスタイルが、
        人類の破滅に繋がるのだと肝に命じておく事が大事ですね。

        人間の傲慢さに気づかされた映画でした。

        地球温暖化防止のために
        今からできること実践していきましょう。
        まずは、グリーンコンシューマーに
        なることをおすすめします。

        私もできることから一つずつ実践しています。
        小さな一歩が大きなうねりに繋がると信じて。

        環境講座

        0
          NPO法人びわこ水ネットの連続講座がありました。
          びわ湖の環境についての勉強会です。
          琵琶湖と暮らしの関係性をもっと意識して関心を高めていくことが大事であることを再認識できました。
          そういえば、15年前凄く熱心にそんな活動をしていたものです。



          こんな看板を作って琵琶湖の環境保全啓発活動をしていました。
          あの頃、ボランティアの方といろんな活動をしていたことが
          懐かしく蘇りました。

          あの頃から声を大にして訴えていたことが今日の講師も同じことを
          仰っておられました。
          結局、環境問題は、教育に尽きる。
          そう思います。

          産・官・学・民の連携でそれぞれのできることをする。
          それしかないのです。
          いくら机上の理想論を言っても行動しなければ絵にかいた餅です。
          今日、また改めて認識を深めることができ有意義な日になりました。
          草津市、滋賀県の講師の方ありがとうございました。

          担当のHさん、びわこ・水ネットの皆さんお疲れさまでした。
          そして、ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

          今日は、本当にバタバタしました。冷や汗
          4つの予定が重なりましたが何とか無事終えることができやれやれ。
          さあ、今日はこれでおしまい。
          せっかくの土曜日の夜、早めに帰宅しゆっくりしようっと。


          1秒の世界から

          0
            ダイヤモンド社出版の「1秒の世界」という本をご存知ですか?
            2003年の出版で少しデータが古いかもしれませんが
            今でも十分参考になりますので一部紹介します。

            あなたがお茶を飲み空を見上げ
            となり町へと移動している間に
            森林が消失し氷河が崩れ落ち
            大量の資源が消費されている

            この世界のあらゆるものは
            とどまることなく変化している

            その巨大な変化を1秒で見てみる
            1秒とはまばたき1回 まさに一瞬

            私たちにとって望ましい変化も
            望ましくない変化もある
            ミミズが食べる土の量
            飢えで亡くなる人の数
            砂漠が拡大する速さ
            すべての数 すべての変化が
            いまこの瞬間のあなたへとつながっている

            1秒間に人は93ミリリットルの空気を呼吸し
            1分間に5.6リットル、1日に約8000リットルの
            空気を吸っている
            空気の組成は78%が窒素、21%が酸素
            残り1%に二酸化炭素やヘリウムが含まれている

            一息ごとに命を思え。
            死生は呼吸と共にある。

            如何ですか?
            私たちは、もっと日々生かされていることへの実感と自然への
            感謝の心を持つべきではないでしょうか?


            温暖化をとめなくては未来は無い

            0
              本当に暑いですね。
              日本列島いや世界中温暖化がすすんでいるのを肌で感じます。
              この先どうなるんだろう。
              地球崩壊。無言の恐怖感が迫ってくる感じです。
              このままではいけない。何とかしなくては。

              マイカーは止めて公共交通機関で。
              冷暖房は控えめに。
              ペットボトルのような使い捨ての物は買わない。
              マイバッグ、マイ箸を。
              頭ではわかっているのに行動が伴なわない。

              もう、この問題は個人の自助努力を遥かに超えた対策が必要です。
              それが今回の洞爺湖サミットがいい機会だったのに。
              結果は、またまた先送り。
              私たちの子どもや孫の時代は、いったいどうなるんだろう。
              心配で恐くてたまりません。
              これ以上人間が好き放題していると自然界の神は、私たちを見捨てますよ。
              もう、その兆がきているのを皆さんも感じていませんか?

              結局、一人一人ができることを今すぐ始める事が大事なんですよね。
              そういう運動を始めてから13年。
              でも、環境破壊は進むばかり。
              どうしたらいい?




              水郷めぐり

              0
                昨日は、NPO法人びわこ・水ネットの勉強&交流会。
                全国的にも有名な琵琶湖八景のひとつ「安土・八幡の水郷
                その水郷めぐりをして来ました。
                静かな水面、葦の群集、桜、豊かな自然に触れ心和むホッとしたひと時でした。
                水郷めぐりは、織田信長が宮中の船遊びを真似て楽しんだそうです。
                近江八幡の町をゆっくり歩きあらためてこの町の良さを実感しました。
                山と水に恵まれ自然豊かな滋賀。
                この自然を次世代にしっかり継いで行くためにもびわこ・水ネットの活動があります。
                私は、二つのNPO法人の運営にかかわっています。
                ひとつは、人をテーマのヒューマンサポート協会。
                もうひとつは、自然をテーマのびわこ・水ネット。
                どちらも素敵な人ばかりです。
                活動を通していい人間関係を築けることが一番の魅力ですね。
                あなたもこの春からなにか新しいことにチャレンジしてみては如何ですか?



                パリのエコロジック

                0
                  パリで今一番かっこいいのは何を身につけるかよりも
                  自転車で町を走ることらしい。
                  パリ市政が推進するエコロジックな交通手段。
                  市内あちこちの駐輪場に自転車が設置されている。
                  目的地に行ってそこで乗り捨てできるので利用しやすい。
                  利用料も安価で100円から300円くらいまでとする。
                  何年か前デンマークに行ったときも同じ仕組みで自転車利用者を増やしていく運動が目立っていた。
                  地球温暖化防止の対策として自動車の数を減らし、環境に負荷のない自転車を推進していこうというものだ。
                  フランスのリヨン市では、二年前から試み成功しているらしい。
                  日本も、いや滋賀県だけでも環境先進県として、自転車推進運動を積極的にしてほしいものだ。
                  世界を見て日本を見る。
                  日本を見て世界を見る。
                  成功事例、失敗事例の研究がまだまだ不足ではないだろうか?
                  いずれにしても限りある資源をどう使うか?
                  未来を共有するために今を生きる私たちは、何をすべきか?
                  真剣に考え行動することが求められているのは確かである。

                  メルケル独首相の講演へ

                  0
                    京都国際会館へ。
                    毎日新聞社稲盛財団主催の「京都議定書採択10年記念シンポジウム」がありました。
                    〜ドイツと日本 未来への共同責任において〜 と題して記念講演。
                    地球温暖化防止について日独が緊密なつながりを持って取組んで行く必要性があることを訴えておられました。
                    そして、世界中の1人1人が意識をし行動することこそが重要であるとも。
                    この問題は、全世界が共にCO2排出削減に取組まなければ2050年までにCO2排出50%削減の目標は厳しい。

                    今までは、環境と経済は両立しないと言われてきましたがどうもそうではなく、両立するような社会システムを作ってこなかったことに問題がありそうです。
                    ドイツは、環境保護のビジネスに新たに5万人の雇用を実現したことも紹介されました。日本も見習いたいものです。

                    地球温暖化防止についての対策として次の3つを挙げられました。
                    1.世界のエネルギー市場への規制
                    2.再生可能なエネルギー生産
                    3.省エネ(自然エネルギーの活用拡大)

                    政府ができること、企業ができること、市民ができること。
                    過去の環境への守りの姿勢から
                    政府がやるべきこと、企業がやるべきこと、市民がやるべきこと。
                    環境保護への積極的な姿勢が重要であることを再確認しました。

                    未来の平和の為に、今こそ自分のできること、やるべきことを行動に移して行くことしか方法は無いのです。
                    この思いを1人でも多くの人に伝える伝道師にあなたもなってください。


                    北海道は暑かった!!

                    0
                      北海道に行ってきました。
                      過ごし易い北海道の夏は何処へやら。
                      一般家庭でクーラーを設置しているのは少ないです。
                      33℃の温度は辛いものがありました。
                      通常はどんなに昼間暑くても夜は過ごし易い涼しさを取り戻すのに、今年は夜中まで暑くて眠れない状況でした。
                      でも、16日帰る日には、急にしのぎ易い北海道らしさになりました。

                      しかし、この暑さ。異常です。
                      74年ぶりの国内最高気温40.9℃。
                      また、南米ペルーの太平洋沿岸ではマグ二チユ−ド7.9の強い地震。
                      死者350人にもおよぶ。
                      さらに、北極海の氷も減少している。
                      地球温暖化の影響が世界中のあちこちに出て来ています。
                      この先、地球はどうなっていくんでしょう。
                      本当に心配です。恐いです。
                      これだけ異常気象が続いても人間は、「対岸の火事」としか感じないところがあります。
                      この暑さは、私たち人間に何を訴えているのでしょうか?
                      あなたには地球の声が聞こえますか?
                      1人1人がライフスタイルを変えることで温暖化を防止できるのです。
                      まず、すぐ出来ることを実践しましょう。
                      小さな一歩が大きな成果に繋がるのですから。





                      黄瀬紀美子

                      profilephoto
                      黄瀬紀美子(きせきみこ)Kimiko,KISE
                      有限会社アイ・キャリアサポート代表取締役。「共存・共生」をポリシーに、人材育成・雇用支援事業を通じて、柔軟なヒューマンネットワークを築き、「産・学・民」の共同事業や、組織の枠にとらわれない多彩な活動を展開。

                      プロフィール詳細

                      著書

                      カレンダー

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << May 2017 >>

                      ブログ内検索

                      最近の記事

                      カテゴリー

                      過去の記事

                      最近のコメント

                      最近のトラックバック

                      リンク集

                      others

                      mobile

                      qrcode