断捨離で新しい生活を!

0

     

    コロナ騒動で動きが著しく変わった。

    私ごとでも、日常に大きな変化が。

     

    3〜4か月講義の仕事がない事。

    1週間以上自宅から外出しないで夫婦揃って朝、昼、晩と三度の食事をする事。

    37年間、結婚以来初めてのことかもしれない。

    ある意味、新鮮。

    仕事で忙しく、お互いに出張の多い夫婦。

    今、初めて夫婦らしい生活をしているような気がする。

     

    この時間のある時に今後の事、いろいろ考える。

    まずは、身辺整理をすることから始めている。

    そう、断捨離。

    物の断捨離が殆ど済んで、今は、思考の断捨離、交際費の断捨離中。

     

    物が無くなり、思考もシンプルになるとこんなにもスッキリするものかと。

    本当の豊かさは、物やお金ではなく、時間を有意義、有効に使う事。

    心底、心が通じ合える人間関係こそ、最大の宝。

     

    勿論、生活していくためのお金は必須であることは言うまでもないですが。

     

    いろんなしがらみを持っている方、

    この際、断捨離をして、シンプルに物事を見てみるのもいいですよ。

    新たな価値観で日常が楽しくなる発見があるかも!!

     

     

     

     

     


    大谷本廟へ

    0

       父と母が眠っている大谷本廟へ行ってきました。















      両親の前で日頃の報告をし、未来への誓いを立ててきました。

      アイ・キャリアサポートも来年で25周年。
      次の世代を育成していくことが求められてきます。

      私は、次のステップへ。
      未来の青写真が少しづつくっきりと見えてきました。
      さあ、想いは行動へ。
      明日から早速具体的な行動へ移していこう。


      春の七草

      0
        昨日は、七草粥を忘れてしまいました。
        用意はしていたのに残念!
        徳島産の阿波七草会の七草。

        一日遅れの七草粥を頂きました。
        毎年のことなのに七草の名前をしっかり言えません。
        ここで、書き記しておこう。

        せり、なずな、ごぎょう、はこべら、
        ほとけのざ、すずな、すずしろ。

        今年一年、健康でありますように。

        我が家の見張り番

        0



          信楽焼のたぬきさん、
          商売繁盛のお守りとしてあちこちの店で見かけます。

          我が家もこの大きなたぬきさんが玄関でしっかり見守ってくれています。
          これは、二代目です。

          一代目は、阪神大震災の時に倒れて割れてしまいました。
          その時、娘は小学生。
          「たぬきさんが家を守ってくれたんだね可哀そう」
          「たぬきさん、ありがとう」
          その言葉を聞いて我が子の素直な成長に感謝したものです。

          今は、この二代目がしっかり我が家を守ってくれています。
          家の前を通る人は、たいてい立ち止まって眺めています。
          特に、ちいさな子どもを連れてお散歩している人は、
          たぬきさんに声をかけています。
          やっぱり、この表情は人を和ませてくれるのでしょうね。

          過ごしやすい季節になりました。
          ドライブがてら信楽でも行って
          あなただけの、可愛いたぬきを見つけてきては如何ですか?


          父の命日

          0
            今日は、父の命日。
            18年前の今日他界しました。

            あの日の事は、今も明確に覚えています。
            京都に住んでいた私を待っていたかのように
            私の到着を確認するかのように、その日の夜
            息を引き取りました。
            息を引き取る瞬間、そばにいたのは、私だけ。
            きっと一番末娘が心配でたまらなかったのでしょう。

            私の両親は、私が北海道から京都へ転勤するとき
            「人様に好かれる人になりなさい」
            「たとえ親が死んだときでも、自分のやるべき仕事に穴をあけるな」
            そう言って送り出してくれました。

            京都への転勤という期待ともう一生親に会えないかもしれないと
            いう不安を抱き泣きながら駅に向かって歩いたのを
            今でもはっきり覚えています。

            父も、母も明治生まれ。
            そんな二人は、本当に厳しかったです。
            子どものころは、うちだけどうしてこんなに厳しいのか。
            いやな思いをしたこともありました。
            でも、今は父と母の子であることに誇りを持っています。

            天国の父さん、母さん、
            私は、真面目に頑張っています。
            あなた方の教えをしっかり守って。
            私は、幸せだから安心してね。

            いつの日か、娘の愛もこんなことを思うようになるのだろうか・・・・


            喉 治りましたー

            0
              昨日は結構しんどかった。
              喉が痛く耳の奥まで痛い。
              いまいちいつもの自分じゃないことに
              モチベーションも下がっていましたが、もう大丈夫。

              昨夜から今まで、1時間おきにうがいと喉スプレーとのど飴。
              何としても直さなければとの執念。
              おかげで今は痛みもほとんど取れました。拍手

              明日は、久しぶりに会社へ出社。
              スタッフやインターンシップの学生たちに会いに行くのも
              新鮮な気分です。

              何がなくても健康。

              今回もまた、改めて健康への有難さを痛感です。
              人間は、単純なものですね。
              何も変化のない日常こそが一番大事なことを忘れて
              ないものねだりや手の届かないものばかり
              追いかけようとする。
              愚かな動物です。人間は。

              この反省を少しでも自分改革に活かそうと思います。
              転んでもただで起きない。
              それが私だものね。

              どんなことも自分のエネルギーに変えられる。
              私の特技です。楽しい

              喉が痛いよー

              0
                昨日から喉が痛い。
                風邪?
                だめだめ。
                今週は、月、火、木、金、土と研修、講演の仕事が入っているので
                風邪なんかひいていられない。
                何としても直さなくては。

                明日は、大垣市まで車で行くので今日は早めにおやすみなさい。
                えっ!!
                まだ、19時。
                あまりにも早いでしょう。
                それもそうですね。
                でも、体を横にしているだけでも休めるので
                今日はこれで。

                ここ最近ちょっとハードでしたから
                いたわりなさいとの警告だと思います。

                自分の資本となる体を大事にしなくてはね。

                あなたもお身体に気を付けてくださいね。


                1

                黄瀬紀美子

                profilephoto
                黄瀬紀美子(きせきみこ)Kimiko,KISE
                有限会社アイ・キャリアサポート代表取締役。「共存・共生」をポリシーに、人材育成・雇用支援事業を通じて、柔軟なヒューマンネットワークを築き、「産・学・民」の共同事業や、組織の枠にとらわれない多彩な活動を展開。

                プロフィール詳細

                著書

                カレンダー

                S M T W T F S
                  12345
                6789101112
                13141516171819
                20212223242526
                27282930   
                << September 2020 >>

                ブログ内検索

                最近の記事

                カテゴリー

                過去の記事

                最近のコメント

                最近のトラックバック

                リンク集

                others

                mobile

                qrcode