マネジメントの父 ドラッカー

0
    マネジメントの父と称されるドラッカー。
    誰もが一度は聞いたことがある名前ではないでしょうか。

    今、私は、リーダーシップの研修をしていますので
    改めてドラッカーに注目してみました。
    自分の日ごろの講義を見直すためにも。

    彼のリーダーシップ論を改めて見直し自分の考えに確信が持てました。
    皆さんにも紹介します。

    ドラッカー時代を超える言葉より
    1.
     真のリーダーは、カリスマ性なるいかがわしいものとは無縁である。
     彼らは勤勉さと献身によってリーダーになる。
    2.
     リーダーになる人物はもともと持っていなければならない資質がある。
     それは才能ではなく真摯さである。
    3.
     成果を上げるには性格、強み、弱み、価値観、信条はいかようであっても よい。なされるべきことをなすだけでよい。
    4.
     ボトルネックはボトルのトップにある。
     いかなる組織といえどもトップを超えて優れたものとはなり得ない。

    次の質問にためらわずに「はい」と言えるでしょうか。
    ドラッカーの直伝リトマス試験紙で試してみてください。

    1.あなたは敬意を持って遇されていると思いますか?
    2.あなたは応援されていると思いますか?
    3.あなたが貢献していることを他人は知っていますか?

    今一度、自分自身の振り返りをおすすめします。
    自分が思っている自分と他人から見たあなたは必ずしも一致していません。
    今一度、自分を客観的に見てみましょう。
    真摯な人は、誰がどう見ているかの評価を気にせず、
    何が正しいのか。真実の探求をします。

    さて、あなたは如何ですか?

    関連する記事
    コメント
    おはようございます。

    先生、質問です。

    4番目の解釈が出来ません。
    どのようなことを意味するのかご教授いただけませんか?

    ボトルネックは、従来我々が日常使う「それがネックになっています」という風に「仕事の妨げとか難関」を意味すると解釈しています。

    トップとはこの場合、本来の出口、と言う意味でとらえるのか、組織の長であるリーダーの資質を指しているのか読み取れません。

    肝心な「トップを超えて優れたものとはなり得ない」の解釈が、妨げている事柄を除いて出口に到達。より良い成果を得るには、ネック回避では無く、取り除いて進まねばならない。

    もうひとつ、リーダーの資質を常に高める教えとして、トップの器、度量以上の成果は期待できない。と言う解釈。

    スポーツ関係で「練習はうそをつかない」とよく言われます。その教えと同じでしょうか?

    いつも、長文で、申し訳ございません。



    • 若林
    • 2009/11/26 6:06 AM
    若林さん、わたしも4の意味をどう理解したらいいのか考えていました。受け取る側の解釈は多様かも知れません。どなたかご存知の方お知らせください。
    • kise
    • 2009/11/26 10:25 PM
    自分を客観的に観るって大切ですネ!

    僭越ながら・・・
    4番ですが、若林さんのおっしゃるように
    リーダーの資質と考える方に
    私もしっくりきました(*^_^*)

    参考までに
    http://www.iot.ac.jp/manu/ueda/column/090214.html
    takedaさん
     
    有難うございました。解決しました。

    1〜3までは、真摯な言動で人望を得る必要性。
    4は、自己研磨で資質を向上させ、人をみる目を養い
    人を信用信頼できる度量を持つ教え。

    トップの最終判断で物事が決定して行く。責任もトップがとる。
    組織自体が判断するわけでもない、また、責任を取るわけでもない。

    しかし、翻訳の妙とでも言いますか、著者からしたら、思いも寄らない解釈の展開かもしれません。
    翻訳者の資質によっては、原書の評価も大いに変わって来る様です。
    • 若林
    • 2009/11/27 5:52 AM
    takedaさん、ありがとうございま。
    このブログは、知的好奇心を高めることも目的としています。また、耳より情報がありましたらお知らせくださいね。
    • kise
    • 2009/11/28 11:23 AM
    先生のドラッカーに対するブログを拝読させて頂いた後に、立て続けに三回ほどドラッカーの名前を見たり聞いたりいたしました。

    恥ずかしながら、ドラッカーの名前は先生のブログで初めて知ったのですが、あまりの立て続けの偶然が重なり、これは何か英知を越えたものが私にドラッカーを体験させる為の行動と自分勝手に考え、入門書を購入し、読書中です。

    今、脳をぐるぐる掻き回されているような衝撃を受けてます。
    本一冊によって人生が変わるとは言い過ぎかもしれないですが、このような本に巡り会わせてくれた先生のブログに感謝いたします。
    超超超未熟者ですが、何とか読み砕いていきたいと思います。

    • 2009/12/02 12:00 PM
    ?さん、これはすごい運命的なものですね。
    きっとあなたに準備されていたカリキュラムの一つなのでしょう。
    私は、ドラッカーの教えを一つずつ実践しています。
    大事なことは、どんなに素晴らしい本を読んでもそれで
    終わっては駄目だということです。
    それを自分の仕事に、日常に活かして実践することですね。
    わたしも皆さんに負けないよう日々自己研鑽です。
    お互いに切磋琢磨していきましょう。
    • kise
    • 2009/12/02 2:40 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    黄瀬紀美子

    profilephoto
    黄瀬紀美子(きせきみこ)Kimiko,KISE
    有限会社アイ・キャリアサポート代表取締役。「共存・共生」をポリシーに、人材育成・雇用支援事業を通じて、柔軟なヒューマンネットワークを築き、「産・学・民」の共同事業や、組織の枠にとらわれない多彩な活動を展開。

    プロフィール詳細

    著書

    カレンダー

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    ブログ内検索

    最近の記事

    カテゴリー

    過去の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    リンク集

    others

    mobile

    qrcode