就職支援・コーチング

0

    就職支援の仕事をして早30年。

     

    ずーとこの道一筋。

    20万人以上の人の就職支援をして思うこと。

     

    本気ですか?

    やるべきことをしていますか?

    上手くいかないのは人のせいにしていませんか?

    逃げ癖がついていませんか?

     

    現場でこんなことを感じます。

    勿論、本気でやるべきことをしている人もいますが。

     

    働くとは?

    仕事とは?

    会社とは?

     

    就職活動の前に、基本的な事、本質的な事をもっとしっかり把握しておかなくちゃ。

    勿論、そのために私の講義があるのですが。

     

    最近、若年者の就職支援の現場で焦る自分を感じます。

    えーーーー。挨拶もできない!

    もっと、シャキッと立って! ちゃんと目を見て話して!

    そんな言葉を飛ばしています。

     

    何だか我が子のように心配になります。

     

    私を怖いと思っているのかもしれないね〜

    でも、これが私流の愛。

    きっと通じることを信じて、叱咤激励の毎日です。

     

    さて、明日は管理職研修。

    個人面談でプロファイリングです。

    適材適所で組織の活性化と効率化に繋げます。

    さあ、最後の準備、段取りのチェックをしよう!!

     

     

     

     

     

     

     


    若年者の人間塾

    0
      1. 人間力を高めるために〜若い人へ

         最近、人材育成の相談や現場に立って思うこと。残念ながら良い話ではなく、問題と感じることについて、書かせていただきます。

         若年層で、あまりにも社会性が乏しく、職業人として受け入れるにはかなり厳しいと言わざるをえない人が目立つように感じます。高学歴であっても組織の一員として持ち合わせておくべき心得や意識がなく、有効に動けていないのです。

        ...

         これは社会的問題でもあると考えます。学歴面ばかりが重視され、人間の本来持っている力を埋もれさせてしまっている現状があります。
         ひと昔と比べて物質的に恵まれている現在。便利できれいな暮らしができることを当たり前だと思っていませんか。個人の考えが尊重されることは大切なことですが、そのことを安易な個人主義として解釈していませんか。

         若者ばかりを責められません。先ほど述べたように、今のような学歴社会のもとでは、人として大切なことを知る機会、そして人間性が何よりも大事だと実感できる機会が減っていることも事実です。

         そこで、職業人としての気概、社会的意識を高める、つまり”人間力”を鍛えることに特化した道場のようなものを、「人育て」のプロである弊社で主宰できないかと構想しております。

         対象は、企業の中のいわゆる”困ったちゃん”、自立できない若年層。まずは企業様や保護者の方から相談を受け、ヒアリングを経て入門していただきます。入門者は1人からでも可とし、少数精鋭で運営していきたいと考えています。
         人間面の育成を集中的に行うことで、職業人としても社会人としても通用するよう、お応えしてまいります。
         
         まずは関心を持っていただけた方、ご相談を承ります。お問い合わせは電話、ファクス、またはメールにて承っております。

        アイ・キャリアサポート
        メール:acs@kyj.biglobe.ne.jp
        電話:077−572−6430
        ファクス:077−572−6390

        へ、お気軽にお問い合わせください。

         
         時間がかかることかもしれません。当たり前です。
        生涯成長、勉強。そう考えられるようになることこそ、”人間力”が高まった証です。
        若い方が希望と自信を持って生きていってほしいと、願っています。

        2017年6月 黄瀬紀美子

      画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、立ってる

      若年者就職支援

      0

        就職支援の現場で30年以上。

         

        最近思うこと。

        若年者の就職問題。

        なりたい自分、夢とか聞いても「わからない」「そんなこと考えたことがない」

        こんな返事をする人が多いのに驚く。

        何日もかけて自分と向き合ってもらうことで、

        びっくりするくらい変身していく。

        これが、現場での一番の遣り甲斐かもしれない。

         

        人は、変われる。変わる!

        私のこの信念が通じた瞬間が昨日の出来事。

        1人の青年が今までに見たことがない前向きさを見せたらしい。

        私は、初対面でその青年の事は、よくわかっていなかったが、周りの人は、びっくりしたらしい。

        彼のこんな姿見たことがないと。

         

        彼にその理由を聞くと「先生が本気で向き合ってくれているのが通じたから」

        なんと! その言葉、感動しました。涙が出そうでした。

        人前で自分を表現できないとか、話すことが苦手な人は、

        人以上に感受性が高く相手の言動をしっかり見極めていることもあるんだな。

        そう感じた一日でした。

         

        さあ、ますます責任重大な就職支援の仕事。

        明日からまた、毎日、京都、滋賀と駆け回ります。

        1人でも多くの人を就職に繋げるために。

         

        頑張ろう!!

         

         

         


        就職支援

        0

          就職支援の講座、研修をして30年を超えます。

          昨日も、今日もそのテーマです。

           

          現場で感じることは、机上の勉強で知識を頭に詰め込んでも

          実際は、即戦力にならないですね。

           

          就職支援のセミナーを実施するときは、もっと現実に目を向けさせることも重要です。

          つまり意識改革です。

           

          どんなに新しい知識やスキルを身につけても面接で採用に至らない。

          こんなことはよくあります。

          では、どうしたらいいのでしょう?

           

          私の就職支援は、徹底的に会社の仕組みや経営者感覚を身につけることです。

          起業するのではないからそんなことは、関係ないでしょという人がいますが

          そうではありません。

          会社の仕組みや経営者視点を身につけることで、組織の一員として自分は何をすべきか見えてきます。

          毎日、若者たちにそんなメッセージを投げかけていくうちに

          皆の意識が随分と変わってきました。嬉しいことです。

           

          日増しにたくましくなっていく姿を見て、講師冥利につきます。

          このような場を頂き心から感謝いたします。

          皆さま、ありがとうございます。

           

           

           

           


          若者の就職支援

          0

            1日7時間講座、今日で連続4日目。

             

            皆さん、とても素直で真面目に受講しています。

             

            受講者の変化と成長が見られ、嬉しいことです。

             

            今日は、チームビルディング実践。

             

            明日は、今日の内容をまとめたものをプレゼンテーション実践

             

            ロジカルシンキングも強化して二か月後の職場実習までには

             

            もっとたくましくなってもらわなくては。

             

            先生を超えて保護者の気持ちで見守っています。

             

            やっぱり、私は人材育成が生き甲斐だわ.笑

             

            来週からは、新規コースが始まります。

             

            さて、どんなメンバーか楽しみです。

             

             

             

             


            職業訓練校開講コンサルティング

            0

               

              厚生労働省予算で失業者向けの再就職支援。

              昔は、ほとんど行政、第3セクターが実施していましたが、

              最近は、民間企業への委託業務が増えています。

               

              つまり、予算は行政。職業訓練実施は委託業者が。

               

              大中小企業が、こぞってプロポーザルに参加しています。

              運よく、入札しても、実は、職業訓練の運営、カリキュラム、講師手配等、

              思う様に運ばなくて悩んでいる方も多いようです。

              そんな方は、何なりとご相談ください。

               

              企業の皆さま

              空いているスペースと人材を活用し、新たな事業展開を考えておられる方は、

              職業訓練、研修ビジネスを考えてみませんか?

              関心がおありの方は、お気軽にご相談ください。

               

              限りない可能性を追求してみませんか!

               

               


              地域活性化・雇用の創出

              0

                少子高齢社会。

                誰もが経験したことのない時代を生きようとしている。

                もう、今までのやり方では通用しないのはわかっている。

                どうしたらいいか。

                こうしたほうがいい。とか。

                それなりに考え案はある。

                でも、実際に具体的に動くかどうかは別。

                何にでも言えることですが、言うのは簡単。

                でも、実践は難しくてできない。

                 

                さて、私のライフプラン・ビジネスプラン。

                 

                 ・地域では、一人でも多くの人を巻き込んで自分たちが住む町は、自分たちで創っていく。

                  そんな意識改革をして賛同者を増やし活気あるまちづくりをしていきたい。

                 

                 ・ビジネスでは、プロと言える講師を一人でも多く輩出し、精神的・経済的自立した人を増やしていきたい。

                 

                さあ、私のやるべきことがより明確になってきました。

                後は、共に考動してくれる人を増やしていくのみ!!

                 

                何なりとご相談くださいませ。

                 

                 

                 

                 

                 


                メンタルヘルスケア あなたを元気にしたい

                0

                  4月から社会人として働き始めた方、転職や転勤によって新しい環境で仕事されている方。

                  1ヶ月経過し、気持ちに疲れが出ていませんか。
                  いわゆる「五月病」と呼ばれる”うつ状態”——ちょっとしたことで気分がふさぎがちになったり、身体のだるさを感じるなどの自覚症状は、新しい環境で過ごし始めよりも、少し慣れた頃に起きやすいと言われます。
                  メンタルヘルスは、現代社会の重要な課題として認識されるようになった今日、厚生労働省でも、若者向けと一般向けの2つの心のケアの特設情報サイトが開設されています。


                  こころもメンテしよう(若年層向け)
                  みんなのメンタルヘルス(一般向け)


                  「働くひとのメンタルヘルス」のページには、簡単な質問に答えることで自己診断ができる「ストレスセルフチェック」の機能もありますので、一度お試しください(無料)。
                  五月病は、新入生や新入社員、5月に限って起きる病気ではありません。真面目で責任感が強く、完璧主義の傾向のある方や、内向的な性質の方などが、かかりやすいといわれています。
                  一時期で過ぎることもあれば、慢性的な疲労や脱力感につながることもあります。定期的にセルフチェックをするなど、意識していただきたいです。
                  そして五月病かな?と思ったら、気分転換・リラックスできることを、どんどんしてみましょう。


                  1.睡眠をしっかりとる・・眠れる時、小1時間だけでも効果があります
                  2.リラックスする・・お風呂・アロマテラピーなど 好きな音楽を聞くのもいいです
                  3.
                  気分転換を図る・・仕事以外の趣味の時間を過ごす 映画、コンサート、園芸
                  4.日常を離れる・・ちょっとした旅行などで普段と違う体験を
                  5.
                  人に話す


                  5つめの「人に話す」は特に大切だと、私は思います。視点を変えるだけでも問題や悩みがぐっと減ることもありますよね。何より、元来こころにのしかかる荷物は一人で背負い切れるものではありません。「病、市に出せ」ということわざもありますから。
                  そして「困った時は人に頼る」


                  「健康管理も仕事のうち」と言われますが、いつどんな時に誰に頼ったらいいかを知っておくのも、仕事のうちです。
                  「話しにくいから」や「話しても理解してもらえないかも」と、一人で抱えないでください。「こころの風邪」をこじらせる前に、メンタルヘルスの専門知識を持つ人に相談することを勧めます。
                  不安の多い時代に働くすべての方に、メンタルヘルスケアは必要です。


                  弊社では、職場全体のメンタルヘルスサポートから、個人の方からのご依頼にも応じております。まずはお気軽にご相談ください。
                  弊社へのお問い合わせは電話、ファクス、またはメールにて承っております。
                  アイ・キャリアサポート
                  メール:acs@kyj.biglobe.ne.jp
                  電話:077−572−6430
                  ファクス:077−572−6390
                  皆様の心の杖として、覚えていただければ幸いです。
                  2017年5月 黄瀬紀美子


                  堅田のまち歩き

                  0

                    地域活性化、町おこし。

                    今の私のテーマ。

                     

                    この少子高齢社会で持続可能なまちづくり。

                    私に与えられた課題。

                    うーん。

                    考えれば案は、いろいろ浮かぶ。

                    でも、実行するために皆さんに理解してもらい、動いてもらうには相当ハードルが高いでしょう。

                    でも、諦めるわけにいかない。

                    だって、私たち、子どもたち、孫の世代にも大きく影響することだから。

                     

                    私たちが住む町は、私たちで創っていく。

                    このコンセプトで企画書を作ろう。

                    その為にも、まずは、我が町堅田を改めて見直していこう。

                     

                    堅田は、歴史・文化に溢れた古代遺跡と伝説の街

                    中世、琵琶湖の水運、漁業、湖上関を支配し自治の都市を築いた堅田衆の本拠地

                    自由都市堅田浦の本拠地「伊豆神社」

                    一休さんが修行をして悟りを開いたお寺「祥瑞時」

                    浮御堂、おとせの浜、出島灯台

                    調べれば調べるほど、なんと魅力的な町なんだろう!

                     

                    表情豊かな町が並ぶ堅田へふらっとまち歩きに来られませんか?

                     

                     

                     

                     


                    1人起業のススメ

                    0
                      就職支援の現場から。
                      老若男女様々なキャリアの人たち。
                      就職活動を頑張っています。
                      でも、なかなか就職先が見つからない。
                      改めて自己分析してもらうとなんと!...
                      実は、こういう事がしたかったんですと。

                      それを実現させるための手段。
                      そのひとつが一人起業。
                      そんな事を考えている人が結構います。
                      その一歩を踏み出してもらう為のサポートを再開する事にしました。
                      既に400人以上の起業家を輩出して来ましたが、新たな仲間を増やして行こうと思います。

                      フリーランス、一人起業を考えている方のコンサルティングをします。

                      関心のある方は、お気軽にご相談くださいね。


                       


                      黄瀬紀美子

                      profilephoto
                      黄瀬紀美子(きせきみこ)Kimiko,KISE
                      有限会社アイ・キャリアサポート代表取締役。「共存・共生」をポリシーに、人材育成・雇用支援事業を通じて、柔軟なヒューマンネットワークを築き、「産・学・民」の共同事業や、組織の枠にとらわれない多彩な活動を展開。

                      プロフィール詳細

                      著書

                      カレンダー

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << May 2018 >>

                      ブログ内検索

                      最近の記事

                      カテゴリー

                      過去の記事

                      最近のコメント

                      最近のトラックバック

                      リンク集

                      others

                      mobile

                      qrcode