地域活性化・雇用の創出

0

    少子高齢社会。

    誰もが経験したことのない時代を生きようとしている。

    もう、今までのやり方では通用しないのはわかっている。

    どうしたらいいか。

    こうしたほうがいい。とか。

    それなりに考え案はある。

    でも、実際に具体的に動くかどうかは別。

    何にでも言えることですが、言うのは簡単。

    でも、実践は難しくてできない。

     

    さて、私のライフプラン・ビジネスプラン。

     

     ・地域では、一人でも多くの人を巻き込んで自分たちが住む町は、自分たちで創っていく。

      そんな意識改革をして賛同者を増やし活気あるまちづくりをしていきたい。

     

     ・ビジネスでは、プロと言える講師を一人でも多く輩出し、精神的・経済的自立した人を増やしていきたい。

     

    さあ、私のやるべきことがより明確になってきました。

    後は、共に考動してくれる人を増やしていくのみ!!

     

    何なりとご相談くださいませ。

     

     

     

     

     


    メンタルヘルスケア あなたを元気にしたい

    0

      4月から社会人として働き始めた方、転職や転勤によって新しい環境で仕事されている方。

      1ヶ月経過し、気持ちに疲れが出ていませんか。
      いわゆる「五月病」と呼ばれる”うつ状態”——ちょっとしたことで気分がふさぎがちになったり、身体のだるさを感じるなどの自覚症状は、新しい環境で過ごし始めよりも、少し慣れた頃に起きやすいと言われます。
      メンタルヘルスは、現代社会の重要な課題として認識されるようになった今日、厚生労働省でも、若者向けと一般向けの2つの心のケアの特設情報サイトが開設されています。


      こころもメンテしよう(若年層向け)
      みんなのメンタルヘルス(一般向け)


      「働くひとのメンタルヘルス」のページには、簡単な質問に答えることで自己診断ができる「ストレスセルフチェック」の機能もありますので、一度お試しください(無料)。
      五月病は、新入生や新入社員、5月に限って起きる病気ではありません。真面目で責任感が強く、完璧主義の傾向のある方や、内向的な性質の方などが、かかりやすいといわれています。
      一時期で過ぎることもあれば、慢性的な疲労や脱力感につながることもあります。定期的にセルフチェックをするなど、意識していただきたいです。
      そして五月病かな?と思ったら、気分転換・リラックスできることを、どんどんしてみましょう。


      1.睡眠をしっかりとる・・眠れる時、小1時間だけでも効果があります
      2.リラックスする・・お風呂・アロマテラピーなど 好きな音楽を聞くのもいいです
      3.
      気分転換を図る・・仕事以外の趣味の時間を過ごす 映画、コンサート、園芸
      4.日常を離れる・・ちょっとした旅行などで普段と違う体験を
      5.
      人に話す


      5つめの「人に話す」は特に大切だと、私は思います。視点を変えるだけでも問題や悩みがぐっと減ることもありますよね。何より、元来こころにのしかかる荷物は一人で背負い切れるものではありません。「病、市に出せ」ということわざもありますから。
      そして「困った時は人に頼る」


      「健康管理も仕事のうち」と言われますが、いつどんな時に誰に頼ったらいいかを知っておくのも、仕事のうちです。
      「話しにくいから」や「話しても理解してもらえないかも」と、一人で抱えないでください。「こころの風邪」をこじらせる前に、メンタルヘルスの専門知識を持つ人に相談することを勧めます。
      不安の多い時代に働くすべての方に、メンタルヘルスケアは必要です。


      弊社では、職場全体のメンタルヘルスサポートから、個人の方からのご依頼にも応じております。まずはお気軽にご相談ください。
      弊社へのお問い合わせは電話、ファクス、またはメールにて承っております。
      アイ・キャリアサポート
      メール:acs@kyj.biglobe.ne.jp
      電話:077−572−6430
      ファクス:077−572−6390
      皆様の心の杖として、覚えていただければ幸いです。
      2017年5月 黄瀬紀美子


      堅田のまち歩き

      0

        地域活性化、町おこし。

        今の私のテーマ。

         

        この少子高齢社会で持続可能なまちづくり。

        私に与えられた課題。

        うーん。

        考えれば案は、いろいろ浮かぶ。

        でも、実行するために皆さんに理解してもらい、動いてもらうには相当ハードルが高いでしょう。

        でも、諦めるわけにいかない。

        だって、私たち、子どもたち、孫の世代にも大きく影響することだから。

         

        私たちが住む町は、私たちで創っていく。

        このコンセプトで企画書を作ろう。

        その為にも、まずは、我が町堅田を改めて見直していこう。

         

        堅田は、歴史・文化に溢れた古代遺跡と伝説の街

        中世、琵琶湖の水運、漁業、湖上関を支配し自治の都市を築いた堅田衆の本拠地

        自由都市堅田浦の本拠地「伊豆神社」

        一休さんが修行をして悟りを開いたお寺「祥瑞時」

        浮御堂、おとせの浜、出島灯台

        調べれば調べるほど、なんと魅力的な町なんだろう!

         

        表情豊かな町が並ぶ堅田へふらっとまち歩きに来られませんか?

         

         

         

         


        1人起業のススメ

        0
          就職支援の現場から。
          老若男女様々なキャリアの人たち。
          就職活動を頑張っています。
          でも、なかなか就職先が見つからない。
          改めて自己分析してもらうとなんと!...
          実は、こういう事がしたかったんですと。

          それを実現させるための手段。
          そのひとつが一人起業。
          そんな事を考えている人が結構います。
          その一歩を踏み出してもらう為のサポートを再開する事にしました。
          既に400人以上の起業家を輩出して来ましたが、新たな仲間を増やして行こうと思います。

          フリーランス、一人起業を考えている方のコンサルティングをします。

          関心のある方は、お気軽にご相談くださいね。


           

          自己実現のために

          0

            昨日の夜は、企業の管理職研修。

            内容は、管理職は、まず計数管理を!!

            部門長、部課長の参加者の皆さま、お疲れさまでした。

            当たり前の事、基本的な事をお伝えしました。

            殆どの方は、内容は当然わかっているようなことだと思います。

            しかし頭でわかっていることと、実践できているかは、別ですね。

             

            わかってはいるんだけどね〜

            行動がともわない現実。

            ここに視点を置いて、自らの日常の在り方を振り返っていただきました。

            次回の研修までの一ヶ月間、皆さまどんな取り組みをされたのか?

            報告を聞かせて頂くのが楽しみです。

             

            どんな仕事も楽なものは無いけど、仕事を楽しくすることはできます。

            能動的に動く習慣がつけば、仕事は本当に楽しいものになります。

            義務感だけで仕事をしていたら、しんどく、つまらなく、辛いだけ。

            そんな声もよく聞きます。

             

            今一度、ご自身と向き合い、自分が本当に望む姿を想像してみてください。

            それを実現するためには?

            しっかり考動することを期待しています。

             

             

             

             

             


            経済活動とエネルギーを考える

            0

               

              今日は、草津ボストンプラザケネディルームでの会合。
              もう10年以上のお付き合いになるんですね。
              懐かしい皆さまと有意義な時間を過ごせました。
              名士ばかりのこのメンバーは、いろんな意味で居心地がいい。

               

              経済活動とエネルギーについて。

              co₂の削減についていろんな角度から考えることができ

              大変有意義な時間でした。

              しっかり学び、その後は、皆さんとの懇親。

              この会は、本当に学びが多く貴重な勉強の場になります。

               

              終わりがけに次の展開へと話が進み、楽しみが増えました。

              早速、別途、次の企画をしますか。
              まずは、飲み会🎵

              祇園、花見小路に行こう!!
              誰もが望むところですね。笑

              またまた、女性一人ですが、メンバー外から誰か誘おうかな〜


              管理職のやるべきこと

              0

                 

                最近、とても驚いたことがあります。

                ある管理職の例。

                日常の仕事で計数管理をほとんどできていないということ。

                話を聞いていて、この人、この会社、大丈夫?

                そんな不安がつのりました。

                 

                私が心配することではないかもしれませんが、管理職の皆さん、まずは計数管理をしっかりと!!

                精神論のいろんな講座やセミナーもいいですが、経営課題は常に数字で捉える事。

                そして、対策は、固有名詞と数字を明確に用いる事。

                 

                分かっているんだけどね。

                よく、そういう言葉を聞きます。

                でも、やっていないということは、わかっているということではないんですよね。

                自戒も含めて、今日は管理職のあるべき姿を見直してみました。

                 

                 


                 


                高齢社会の今後の町づくり

                0

                  今日からゴールデンウイークに突入。

                  皆さんは、どのように過ごされますか?

                  私は、カレンダー通りの休日です。

                  毎年、ゴールデンウイークは、外出や旅行は控えます。

                  人が多いところは、疲れますので。

                  せめて休みの時は自宅でのんびりですね。

                   

                  ゴールデンウイークが明けたらちょっと近場へフラット出かけようかな。

                  今年は、神社仏閣巡りもしたいな。

                   

                  もっと滋賀県を知ろう!もっと自分の住む街を知ろう!

                  気楽にぶらぶらしてみようと思います。

                   

                  高齢社会の今後の町づくり。

                  真剣に考えていきます。

                  今までのやり方では、先が見えない。

                  斬新な視点が必要です。

                  関心のある方は、情報交換を!!

                   

                  賛同される方は、この指と〜まれ。

                   

                   


                  社内に教育トレーナーを!!

                  0

                    「社内教育トレーナー」の設置と意義

                     

                    年度始めの4月は、通勤電車も過密気味になります。駅のホームや車両内には、真新しいビジネススーツ姿の方がちらほら。

                    どちらの新入社員の方々だろうか…と想像し、心の中で声援を送りながら見ています。

                     

                    職場に新入社員を迎えられたという方も多いことと思います。

                    弊社も新人研修で多忙を極める時期でもあります。まずは真っ白な状態から社会人としての基礎をしっかり習得してもらいたい。

                    新人のみならず、中堅となる社員向けの教育など、年度スタート時期の研修は、特に大切なものと捉え、実施させていただいています。

                     

                    餅は餅屋で、人材育成のプロの講師による研修は不可欠です。しかしながら、それにも実は限界があります。

                    職場での問題は日常の中にありますから、それを知らない外部の講師による、年数回の限られた研修では、基本の域では通じても、職場の個々の問題から根本的に対応したり解決できるところまでにつながりません。

                    結果、研修を実施しても改善に至らず、効果を実感できないという企業さまも少なくないといった現状を見受けます。
                     

                    そこで弊社では、社内に一人教育トレーナーを設けることを提案させていただいております。現場の事情を見極めた者による問題の早期発見、また一連の人材育成研修の効果をこまめにチェックしてフィードバック。組織の活性化にしっかりつなげていきます。

                    「社内教育トレーナーの設置は、研修を司るだけではなく、職場改善プロジェクトとしてお考えいただければ幸いです。

                     

                    企業は人なり。人づくりは業界問わず企業にとって不可欠な事業です。そのためには自社の教育トレーナーの要請が急務です。

                    さて、そのトレーナーとなるのはどのような方がふさわしいでしょうか。

                    対象は、中間管理職、またはトレーナーの資質がある人。

                    社内のそのような方々をご指名いただき、アイ・キャリアサポート黄瀬紀美子が教育トレーナーとして育成させていただきます。
                     

                    弊社へのお問い合わせは電話、ファクス、またはメールにて承っております。

                    アイ・キャリアサポート

                    www.ai-career.net

                    メール:acs@kyj.biglobe.ne.jp

                    電話:0775726430

                    ファクス:0775726390

                     

                    まずはご相談からでも歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

                     

                    社内教育トレーナーの設置に向け、社内の横断的事業としてぜひとも動かしてまいりましょう。

                     

                    2017年4月 黄瀬紀美子

                     

                     

                     

                     


                    愛すること

                    0

                      久しぶりに、哲学しよう。

                       

                      愛するということ。

                       

                      私の愛。

                      あなたの愛。

                      必ずしも同じじゃないよね。

                       

                      どっちが正しいとか間違いとかじゃないよね。

                      人は、それぞれの考えや価値観で生きている。

                       

                      何気ない日常の出来事をたまには、哲学してみよう。

                      私の哲学とは、結論を出すことではなく、気になる事をあれやこれやと前向きに考える楽しいプロセス。

                       

                      さて、今日は、ゆっくり、のんびり哲学しよう。

                       

                       

                       

                       



                      黄瀬紀美子

                      profilephoto
                      黄瀬紀美子(きせきみこ)Kimiko,KISE
                      有限会社アイ・キャリアサポート代表取締役。「共存・共生」をポリシーに、人材育成・雇用支援事業を通じて、柔軟なヒューマンネットワークを築き、「産・学・民」の共同事業や、組織の枠にとらわれない多彩な活動を展開。

                      プロフィール詳細

                      著書

                      カレンダー

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>

                      ブログ内検索

                      最近の記事

                      カテゴリー

                      過去の記事

                      最近のコメント

                      最近のトラックバック

                      リンク集

                      others

                      mobile

                      qrcode