事実こそ一番の説得力

0
    JUGEMテーマ:日記・一般
     政治、産業、環境などなど激動社会の中。
    何を信じ、どう動いたらいいのか。
    マスコミは、あれやこれやと報道し、私たちはその言葉を
    受け売りしスピーカータイプになってしまう。
    こんなことでいいのでしょうか。
    いいはずがない。
     
    なぜスピーカータイプになってしまうのか?
    自分の意見や自分の哲学をもっていないとそうなりやすいのではないでしょうか。
    自分で実際に体験していない、見ていないことは
    人の話を信じるか、信じないか、半信半疑か。

    結局、いろんな体験をしていくことこそが一番の力になるということですね。
    私は、人の噂で先入観を持たないようにしています。
    誰が何と言おうと自分の目で事実を確かめる。

    事実こそ一番の説得力。
    常にその事を心がけていよう。

    上記のスピーカータイプは、ステレオタイプの間違いでした。
    全然気がつきませんでしたが通りすがりさんのコメントで気がつきました。
    通りすがりさん、ありがとうございました。




    過去を追うな 未来を願うな

    0
       過去を追うな。
      未来を願うな。
      過去はすでに捨てられた。
      未来はまだやって来ない。
      だから現在のことがらを
      現在においてよく観察し
      揺るぐことなく動ずることなく
      よく見きわめて実践すべし。
      ただ今日なすべきことを熱心になせ。
      誰か明日の死のあることを知らん。  

      「マッジマ・ニカーヤ」

      この言葉は、今を大事に生きろということ。
      過去に縛られ、まだ来ない未来への不安を抱き
      今を軽視しすぎていることへの警鐘です。
      あれこれ心配しても始まらない。
      今、目の前の事をひとつひとつしっかりやること。
      今をしっかり生きなさいとの教えです。

      いつも笑顔で?

      0
         いつも笑顔でいなさい。
        育ってきた環境や職場、いろんな研修でよく耳にします。
        私自身もそういう認識をしてきました。

        しかし、最近、経営コンサルタントや研修の講師と会う機会があり
        そこで出た話題は、「いつも笑顔でいよう」は、おかしい。

        たとえば失敗してニッコリ笑顔で「申し訳ございません」と言われても
        本当に反省しているのか、事の大事さを分かっているのか、相手に通じてこない。
        この様な接客じゃお客様がお怒りになるのは当然。

        相手が本気で真剣な話をしてもにこにこ笑顔で聞いているだけでは、
        真剣さも通じてこないし頼りない。
        場合によっては、軽視して人をばかにしているのか!
        ともとられかねない。

        本質を分からずいつも笑顔でいる人は、ちょっと考えもの。
        単に人に良く思われたいだけで笑顔でいる。
        楽しい人、いい人と思われたいから笑いをふりまく。
        それでは、その場限りの関係にとどまり、信頼関係を築くのは難しい。

        たとえ嫌われても、本物・真実を追求しより質の高い仕事をするためには議論もする。
        喧嘩にもなる。本気に仕事をするという事はそういうことではないか。
        当然、出た結果には、チーム一丸となって動く。
        そして、目標を達成することで信頼関係は生まれてくる。
        だれもが頭では、分かっていますが、実態は???

        そんな会話になり、人材育成の難しさの再認識と自分の意識改革にもなりました。
        みなさん、ありがとうございました。





        本気で 本音で

        0
           人生の中で、本気になれる人。
          仕事の中で、本音で話せる人。
          どれだけいるでしょう。
          案外少ないものです。
          表面的に上手く付き合っているようでも
          本音を知ることは難しいものです。

          人は自分の事さえもよくわからないことが多いものです。
          ましてや他人を100%理解しようとか
          自分の事を100%理解してほしいとか
          そんなことを望むことのほうが無理難題というものです。

          だからあの人と上手くいかないとか
          気持ちをわかってくれないとか
          気持ちをつかめないとか
          当然のことなのです。

          100%を求めるから不満に繋がるのです。
          思うように行かないことが当たり前の発想でいると
          案外何でもプラスに思えるものです。

          求めるなら与えよ。
          愛されたいと思うなら自分から愛すること。
          本気で本音でぶつかれば心は通じます。

          思い通りにいかないと思っているのは
          案外、自分の思い込みと本気度が足りないのではないでしょうか。

          私も自分の心と向き合ってみます。
          本気になれること、本音で話せる人について。


          感謝の心

          0
             人間は1人では生きられない。
            日常の生活も誰かのおかげで成り立っている。
            そう思えば自然に感謝の心にもなる。

            成功は自分のお手柄。
            失敗は他人が悪い。
            そう思いがちですがそれでは幸せになれない。

            成功したのは人様のおかげ。
            失敗したのは自分の至らなさ。
            そう思う謙虚さが幸せにつながる。

            どんなに頭が良くても立派な肩書きであっても
            人を思いやる、人に感謝する。
            そんな心がない人は、人として魅力がない。

            今一度、自分の心の有り方を見直してみよう。

            真の豊かさとは?

            0
               どうなる民主党政権。
              前鳩山首相をはじめ、ひとりひとりの言動をあげたらきりがない。
              驚く、腹が立つ、がっかりした。
              それを超えて淋しい、悲しい、情けない、恥じだとも思う日々です。

              ここ毎日、報道関係でもそのことが取り立たされています。
              一体どうなっていくのか?
              やきもきするばかりです。
              今、自分ができることは何か?
              やはり一人ひとりの意識改革しかありません。
              これは、並大抵のことではありませんがやるしかないのです。
              気が遠くなるほど時間がかかることですが一番大事なことです。
              意識改革の教育こそ今第一優先してやらなければ。
              そう思います。

              政治家も足の引っ張り合いや自分の選挙のことばかり考えていないで
              党派を超えてこの国がどうあるべきか。
              そのためのエネルギーを使ってほしいものですね。
              今の状態でだれが首相になっても厳しい財政は変わらないのですから。
              全党挙げて日本の未来、真の豊かさ、真の幸せとは?
              今こそ、この本質を徹底的に議論してほしいものです。

              経済で巨人になっても精神は小人。
              今の日本の姿ではないでしょうか。
              宗教哲学、東洋哲学、人生哲学、政治・経済哲学を学び、
              もっと精神レベルをあげることが重要ではないかと思います。

              日頃のニュースで心が痛むばかりです。

              真の豊かさとは、物質的な豊かさよりも精神的な豊かさ。
              だれもが気付いているにもかかわらず
              便利・快適を求める物質的豊かさに走るのは人間の欲でしょうか。
              私も反省すべき点が多々あります。

              他人を批判する前に自分ができることを実践する。
              これこそが世の中を変える一番の手段なのかもしれません。




              それぞれの日々

              0
                今日も一日が終わった。
                今日という日はどんな日でしたか?

                ハッピーな日、
                アンハッピーな日、
                忙しかった日、
                のんびりした日、
                それぞれの時間を過ごした今日という日。
                同じ日は、二度とない。

                時は、無常。
                どんなに楽しい時間も終りがあるし、
                どんなにつらい時間も終りがある。

                だから今を精いっぱい生きるしかない。
                今を疎かにしての明日は無いし、
                明日ばかり見てては、今を無にしてしまう。

                誰もがそれぞれ何らかの悩みや問題を抱えているのだから
                あまり自分だけがしんどいとか不幸とか思わないほうがいい。
                今、目の前にある現実は次のステップアップのためだと思えば
                何だか元気が出てくるでしょう。

                時にはケセラセラ〜。
                そんな気持ちになるのもいいのではないですか?

                 

                ダーウィンの言葉

                0

                  最も強い者が生き残るのではなく
                  最も賢い者が生き延びるのでもない
                  唯一生き残れるのは変化できる者である

                  チャールズ ダーウィンの有名な言葉です。

                  事あるごとにこの言葉を思い出し
                  自己啓発に役立てています。
                  あちこちで研修の仕事をしていますが
                  まさに、この言葉がぴったりの現状です。

                  企業でもでいろんな問題が山積していますが
                  従来のやり方を変える勇気がなく
                  忙しい日々に追われ疲弊しきっている人が増えています。
                  これでは、改善にも解決にもなりません。
                  思い切って従来のやり方にメスを入れ変わる勇気を出すこと。
                  これこそ生き残るために大事な決断です。

                  リーダーの仕事は、決断することです。
                  さあ、私も決断が迫られています。
                  どっちに転んでも自分が全責任を負うのだから
                  くよくよ迷っていても仕方がありません。
                  女は度胸です。
                  あれ? 違いましたっけ?




                   

                  依存症からの脱却

                  0
                    JUGEMテーマ:日記・一般

                    ますます将来展望が見えなくなってきている。

                    こんな時こそ個の自分力が求められます。
                    政治が悪い、会社が悪い、相手が悪い。
                    そんなことを言い合っても何も解決にもならないでしょう。

                    誰かがしてくれる。
                    そんな依存症からの脱却こそが環境の改善につながると
                    思うのですが。

                    自分のできる事は自分で!!
                    私の母の教育法です。
                    もちろん、健康体であることが前提ですが。

                    おかげで少しは自立できているように思います。
                    私の娘もそのように育ててきました。
                    娘もまた、自分の事は自分で!!
                    その意識は備わってきているように思います。

                    愛情と過保護を捉え違わないでください。
                    子どもへ自分力をつけさせることこそ
                    親としての務めだと思います。
                    何でもかんでもすぐ親を頼ったり、
                    誰かの助けを求めるようでは、自立できません。
                    自立に向けて何をすべきか今、問われているように思います。

                    一人ひとりの依存症からの脱却こそが
                    この国の立て直しに近道だと。

                    明治生まれの母はいつもそんなことを言っていました。
                    その言葉が今も私を支えています。

                    世の無常を嘆く前に自分でできることをしよう!!







                     

                    26年ぶりの再会

                    0
                      JUGEMテーマ:日記・一般
                       
                      今日は、ビックリする出来事がありました。
                      夕方、私の写真展へこられた男性。
                      どこかで会ったことがあるような・・・・

                      そう思っていたら
                      「黄瀬さんですよね。黄瀬さんのことを知っているんですよ」
                      と男性が声をかけてきました。

                      どなただったか?
                      考えているうちにその男性は、
                      「黄瀬さんのハネムーンで一緒でした。」と。
                      えーーーー!!  ビックリ。

                      そうです。
                      旅行会社のツアーコンダクターのKさんだったのです。
                      彼は、当時の事をものすごくよくご存じでした。

                      私の存在を思い出されたのは、3年前の大津市長選の時だそうです。
                      あのハネムーンの時の黄瀬さん?
                      でも、あの時の黄瀬さんとは結びつかない。
                      いつも旦那さんの後ろから黙ってついて歩いていた黄瀬さんが
                      市長候補で出馬とは。
                      そんなことを話されていました。

                      26年前、イタリア、フランス、イギリスと
                      初めての海外旅行。
                      そんな旅にご一緒したKさんとこんな形で再会とは。
                      本当にびっくりしました。

                      なんだかとてもあったかな気分になりました。
                      Kさん、夫も懐かしがっていましたよ。
                      近日中にご連絡するかもしれませんので
                      その節は、よろしくお願いします。




                      黄瀬紀美子

                      profilephoto
                      黄瀬紀美子(きせきみこ)Kimiko,KISE
                      有限会社アイ・キャリアサポート代表取締役。「共存・共生」をポリシーに、人材育成・雇用支援事業を通じて、柔軟なヒューマンネットワークを築き、「産・学・民」の共同事業や、組織の枠にとらわれない多彩な活動を展開。

                      プロフィール詳細

                      著書

                      カレンダー

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << October 2018 >>

                      ブログ内検索

                      最近の記事

                      カテゴリー

                      過去の記事

                      最近のコメント

                      最近のトラックバック

                      リンク集

                      others

                      mobile

                      qrcode